資産形成

米株投資、コストを下げるならSBI証券!SBIネット銀行を活用してコストを下げてお得に投資

米株投資、コストを下げるならSBI証券!SBIネット銀行を活用してコストを下げてお得に投資
りゅう
りゅう
米国株するならSBI証券がイチオシだよ!
うりくん
うりくん
それはどうして??
りゅう
りゅう
投資をする上で重要なコストを下げることが可能だからだよ

米国株や米株ETFをするならSBI証券がコストを抑えられてオススメ

マネックス証券や楽天証券との大きな違いは「為替手数料」となります

他社は25銭ですが、住信SBIネット銀行を利用すれば4銭と1/6以下にまでコストを抑えることが可能になります

住信SBIネット銀行を利用してコストを下げる

米国株式や米株ETFを購入する際に、「円でもドルでも」購入することが可能です
円で買う場合は、証券会社の方で円をドルに替えてドルで買付をします
ドルで買う場合、自分自身で円をドルに替えてドルで買付をします

この時どちらであってもドルの為替手数料 (スプレッド含む)が発生をしています
この時の手数料が通常であれば1ドルあたり0.25円(25銭)かかります

ではこの住信SBIネット銀行を利用したSBI証券であれば1ドルあたり0.04円(4銭)にまでコストを下げることができます

うりくん
うりくん
なんかあんまり変わらない気がしなくもないけど。。。
りゅう
りゅう
1万ドルで1600円もコストが違うよ

108万円で1600円もコストが変わりますね
これが小さいよ!という方はこのやり方をする必要はありませんが、コストはできるだけ抑えるのが投資には非常に大切です

そのためコストを抑えることができるSBI証券を使わない理由がないんですよね
そもそも長期的にみたら100万円程度しか投資しないってことはないと思います
塵も積もれば山となるというものですね^^

コストを下げるための手順

  1. 住信SBIネット銀行でドルを買う
  2. SBIネット銀行からSBI証券にドルを移す
  3. SBI証券で米国株やETFをドルで買付する

住信SBIネット銀行でドルを買う

SBIネット銀行で操作を行います

住信SBIネット銀行でドルを買うため外貨普通預金を利用するSBIネット銀行にログインしたら、「外貨普通預金」を選択します

住信SBIネット銀行外貨普通預金でドル円を買付する_為替レートを確認してスプレッド(買付手数料)が4銭_コストを下げてお得に米株投資をコツコツしようここで米ドル円を買付します
リアルタイムでも指値でも買付できますので、自分の納得できるレートで円からドルへ替えましょう!

住信SBIネット銀行外貨普通預金でドル円を買付する_為替レートを確認してスプレッド(買付手数料)が4銭_コストを下げてお得に米株投資をコツコツしよう指値?リアルタイム?ウィークエンド?
  • 出金口座 → 代表口座
  • 入金口座 → ドル用口座(特に準備は不要です)
  • 注文方法 → リアルタイム/指値/ウィークエンドなど
  • 買付金額 → 円指定/米ドル指定

注文方法はいくつかありますが、僕はリアルタイムで毎回やっています
ウィークエンドというのは、銀行営業日ではないため銀行営業日に成行で買付しますよということになります

買付金額は円指定でもドル指定のどちらでも問題ないですが、僕はわかりやすいので円指定で行なっています
10万円なら10万円分のドルを購入するのですが、1000ドルとしたら一体いくら分の買付になるかわからないのでなんとなく心配なのです笑

web取引パスワードを入力して確定すれば住信SBIネット銀行での米ドル買付(ドル転)が完了となります

SBIネット銀行からSBI証券にドルを移す

SBI証券で操作を行います

SBI証券で外貨入金の手続きでドル円を買付する_為替レートを確認してスプレッド(買付手数料)が4銭_コストを下げてお得に米株投資をコツコツしようSBI証券にログインすると「入出金・振替」をクリックします

SBI証券で外貨入金の手続きでドル円を入金する_為替レートを確認してスプレッド(買付手数料)が4銭_コストを下げてお得に米株投資をコツコツしよう画面左側に「外貨入金」という箇所があるのでそちらをクリックします

SBI証券で外貨入金の手続きでドル円を即時入金する_為替レートを確認してスプレッド(買付手数料)が4銭_コストを下げてお得に米株投資をコツコツしよう金融機関が住信SBIネット銀行になっていることを確認
移動させたい分のドルをセント単位で指定します
ここの取引パスワードはSBI証券のパスワードとなります

あとは画面に沿って手続きを進めれば「住信SBIネット銀行の外貨預金口座からSBI証券の外貨口座へ」資金を移動させることができます

あとは、いつも通り米株取引ページに進み、外貨決済で米株や米国ETFを購入すればOKです

関連情報

米株ETFで僕も買っている王道のVOOの配当金について

S&P500に連動した王道とも言えるヴァンガード社のETFのきになる配当金額や配当日についてまとめた記事となります

【VOO】米国ETFの王道であるVOOの配当金はいくら?配当日はいつ?
【最新版】VOOの配当金・配当日が気になる!いくら・いつ入金されるの?|暴落している今こそ買うべきなのか!? 米国ETFに限らず株式投資をしている人にとって配当金や分配金は非常に嬉しいものですよね 僕自身もこの配当金はとても楽しみにして...

コロナショックで今は株のバーゲンセールか考察記事

コロナショックで株価が暴落したと言っても過言ではありません
人によっては今がバーゲンセールだという方もいますが、過去のリーマンショック時の事を参考に僕自身がどう感じるかを事実に基づき考察した記事となります

コロナショックの今は株がバーゲンセール!?リーマンショックから学ぶ高配当株式投資戦略|オリックス、NTT、ブリヂストン、三菱商事
コロナショックの今は株がバーゲンセール!?リーマンショックから学ぶ高配当株式投資戦略|オリックス、NTT、ブリヂストン、三菱商事コロナショックでバブルが終わりを迎えようとしている中、株のバーゲンセールという声も上がるようになってきました。高配当株式投資が流行を見せる中で安易な投資は破滅を招きます。 配当利回りだけを見るのではなく、過去のリーマンショックの時も強かった企業を探し投資する方が比較的安全な資産運用だと思います。リーマンショック時の株価や配当、その後の立て直しにフォーカスしてみたいと思います(ver1)...
コロナショックの今は株がバーゲンセール!?リーマンショックから学ぶ高配当株式投資戦略|オリックス、NTT、ブリヂストン、三菱商事
コロナショックの今は株がバーゲンセール!?リーマンショックから学ぶ高配当株式投資戦略|KDDI、丸紅、三井住友FG、沖縄セルラーコロナショックでバブルが終わりを迎えようとしている中、株のバーゲンセールという声も上がるようになってきました。高配当株式投資が流行を見せる中で安易な投資は破滅を招きます。 配当利回りだけを見るのではなく、過去のリーマンショックの時も強かった企業を探し投資する方が比較的安全な資産運用だと思います。リーマンショック時の株価や配当、その後の立て直しにフォーカスしてみたいと思います(ver2)...

少額から始めるコツコツ日本株投資

資金が少ない方の株式投資を行うハードルを下げた革新的なサービスSBIネオモバイル証券でコストを下げてコツコツ日本株投資をしようという内容になっています

【収入UP】1株からコツコツ投資で配当金や株主優待も!SBIネオモバイル証券なら少額で投資を始められる
【収入UP】1株からコツコツ投資で配当金や株主優待も!SBIネオモバイル証券なら少額で投資を始められる少ない資金で1株から買えて配当金や優待を手にすることが可能です。SBIネオモバイル証券なら手数料負けの心配もありません。投資と向き合うことが必須の時代となっていますが、まだ投資に対する怖さがある方も多いと思います。少額から投資をすることでリスクを抑えながら学習することも可能になるのがSBIネオモバイル証券です...

まとめ

証券会社はたくさんあれどもSBI証券がオススメです
その理由は最もコストを抑えて米国株への投資を行えるからです
16銭安い4銭であり、キャンペーン時には0円となることもあります

為替手数料(スプレッド)を安くするために住信SBIネット銀行の外貨普通預金を利用します

  1. SBIネット銀行で外貨預金として買付を行う
  2. SBI証券でSBIネット銀行から米ドルを入金手続きをする
  3. SBI証券で米株やETFを外貨決済で買付する

最初は面倒だなと思うかもしれません
しかし慣れれば非常に簡単にコストを抑えることができるためオススメの方法となっています
投資する上で不要なコストを簡単に下げることができます

SBI証券の口座開設はこちら

以上、「米株投資、コストを下げるならSBI証券!SBIネット銀行を活用してコストを下げてお得に投資」でした

ABOUT ME
Ryu
Ryu
地方から夢見て上京してきたアラサーサラリーマン マイルを貯めて格安で旅行したり、投資などによる資産形成を目論んでます。 お得な情報や美味しいご飯の情報が大好きです 脱毛にもハマってます笑