旅行・マイル

【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜

_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜

はい、どーも

RYU
RYU
「勝手に」宮崎観光大使Ryuです

すみません調子に乗りました。笑

それでは今回は、勝手に宮崎観光大使Ryuが実際に案内した宮崎の観光地やグルメ・オススメのお土産を紹介します。

宮崎の観光は「車が絶対的に必要です」
車が無くても楽しく遊べますが、
車があった方が100万倍楽しいです(Ryu調べ)
観光スポットや食事の場所が駅から離れていたり、そもそも公共交通機関があまり発達していないため、車を利用することをお勧めしています
宮崎は車社会ですので、レンタカーも豊富となっております。
事前の予約をしているといいですね
安さでいうと「ニコニコレンタカー」が一番だと思います
ただし、乗り捨てができないので旅行プランによっては使いにくいかもしれません。

序章(読み飛ばしOK)

宮崎ってとても田舎なんです
公共交通機関が発達していないため車がないと非常に不便です(特に観光地)
電車の車両や本数の少なさ、バスの小ささ。。。驚きますよ?笑

でも他県にはない魅力もたくさんあります。
圧倒的な南国感🌴
フェニックスと呼ばれるやしの木みたいなのがそこら中にあります
海もとても綺麗に見ることができます(気象条件による)

また、天孫降臨の地として有名な高千穂峡もあります
パワースポットとしても知られスピリチュアルなものを求める方にとっては非常に魅力あるスポットです
自然も多くとても清々しい気持ちになれる癒しスポットです

今回1泊2日の旅行で実際に案内した場所やグルメを中心に、その他のオススメを紹介していきます

宮崎の観光スポットはそれぞれが離れているため1泊2日の場合取捨選択が必要

全て満喫したい場合2泊3日の方が良いかもしれません

まず、宮崎空港に到着です

宮崎ブーゲンビリア空港_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜数年前、宮崎空港から宮崎ブーゲンビリア空港に変わったの知らず、機内で名称を聞き驚いたことは未だに覚えています

宮崎について迎えてくれるのは、そう!あの方!!!
温水洋一_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜みんなご存知温水さんです!!
せっかくなので記念に1枚撮っておきましょう
「渋谷のハチ公」みたいな感じなので、宮崎に来たらぜひ!

それにしても皆さん知っていました?温水さんが宮崎出身だってこと。
意外と知られていないですよね。私も知りませんでした笑

空港に着いた瞬間から南国感満載のフェニックスが待ち構えています
溢れ出る南国感に酔いしれてください笑
溢れ出る南国感_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜※写真はイメージです(撮り忘れました。。。)

それではここからが本題です
どうぞ!!!

観光スポット

今回案内したスポット(4選)

鵜戸神宮

鵜戸神宮_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜国指定の名称にもなっている鵜戸神宮
鮮やかな朱色に彩られ、現地では「鵜戸さん」の愛称で親しまれています
ご利益としては安産・子授け・縁結び・恋愛成就


運玉_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜亀石_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜
この鵜戸神宮といえば「運玉」と言われるほど有名なもので、
この「運玉」と言われるものを「亀岩のしめ縄の中」に投げ入れる運試しです
(5個で100円となっています)
水たまりのところにピンポイントで入れる必要があるため、意外と難しく苦戦します笑
悔しい時は、なんどもチャレンジすることをお勧めします。

インスタ映えの運玉_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜管理人も知らなかったのですが、いつの間にかこんなものができていました。
お金に関するご利益があるのかしら??詳細不明ですが
フォトジェニックですね。インスタ映えにどうでしょう?

なんちゃって伏見稲荷_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜これは管理人が勝手にお勧めしているのですが、どこかに見覚えありませんか??
そうです。京都の伏見稲荷のあの光景です
あくまでも勝手にですが、
プチ伏見稲荷を感じられる穴場としてお勧めしています

京都の伏見稲荷は連日人だかりで、なかなか撮りたい画が撮れない!なんてこともあると思いますが、
こちらであれば昼間でも人がいないというタイミングに出会える可能性が非常に高いです

ここに行かずに宮崎を語るわけにはいかないくらい、宮崎に来たら絶対に訪れてほしい観光スポットです。

 開門時間 
4〜9月 06:00〜19:00
10〜3月 07:00〜18:00

 所在地
宮崎県日南市大字宮浦3232番地

飫肥城

飫肥城_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜 飫肥城城下町_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜江戸時代の城下町の風情を色濃く残した飫肥城周辺
ちょっぴりタイムスリップした気分になれるのではないでしょうか
残念ながら城跡となっておりますので本殿は拝むことができないです

少しばかり、江戸の風情を楽しみながら散策したら、グルメにはしりましょう笑
「飫肥天」と「厚焼き卵」が有名です
飫肥天とは、魚のすり身に豆腐と黒砂糖など秘伝のレシピで作られた天ぷらです
厚焼き卵も有名で、とても滑らかな口当たりで、スイーツのような卵焼きで非常に美味しい

おびの茶屋の厚焼き卵_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜おびの茶屋ー食べログページ

飫肥城の場所についてはこちら

道の駅フェニックス

宮崎で有名な「鬼の洗濯岩」が一望でき、眼前に広がる広大な海がとても魅力的なスポットです
ただし、天候に左右されるのでご注意ください。今回はあいにくの天候でこんな感じでした
道の駅フェニックス_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜南国感は伝わると思いますが、海の綺麗さが伝わらないのが悔しい。。。
夏の快晴時の素晴らしさはみなさんに知ってほしいものです
(いつかリベンジして写真更新します)

こちらでは、宮崎の名産品やお土産も購入できます
暑い日には、「マンゴーソフトクリーム」「日向夏ソフトクリーム」を味わってみてください
マンゴーの方はシャーベット状で、暑い日にとても合います

西都原

宮崎で花見をするにはいいスポットです
今回は桜もまだ少ししか咲いていませんでしたが菜の花が有名でもあります
こちらでは2000本の桜と30万本の菜の花を見ることができます
ついでに、古墳も楽しんでいってください笑
西都原の菜の花_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜

そのほかのおすすめスポット(4選)

今回、時間の都合上案内できなかった場所ではありますが、オススメのスポットです
写真や情報については、参考として記載しておきます

青島神社

  • 入り口が海!!?
  • 幸せの黄色いポスト
  • トゥクトゥクもある不思議
  • ご利益は縁結び

青島神社ー公式HP

サンメッセ日南

  • 何から何までフォトジェニックでインスタに最適
  • イースター島公認のモアイ像がある。しかも7体。さらにご利益も
  • 丘の上からは宮崎の大海原が見られる
  • 「モアイと海を見るヴォワイアン」というカラフルな何かがいる

サンメッセ日南ー公式HP

高千穂(高千穂峡)

  • 天孫降臨の地として有名
  • パワースポットとして超有名
  • 大自然の美しさに包まれながらの散策ができる
  • 夜神楽などの伝統的な行事がある
  • 高千穂あまてらす鉄道がアトラクションとしてオススメ

高千穂観光ー公式HP

クルスの海

展望台から見ると「叶」という字に見える
そのため、願いが叶うクルスの海と言われています

クルスの海ー参考HP

まとめ

いかがでしたでしょうか。
宮崎人が実際に案内した観光スポット編となります
今回時間の都合上、実際に行っていない場所もありますがどれもオススメとなっております

また、「高千穂・クルスの海以外」は比較的場所が近いため時間が許すならば
マルッといってしまうのも良いかもしれません

全てを満喫するには1泊2日は少し足りないかもしれません。
今回行けなかった場所にも再訪した場合には、行っていただけると嬉しく思います

以上「_【宮崎出身者が実際に連れて行った1泊2日〜観光スポット編〜】絶対行きたい宮崎の観光地・グルメ・お土産情報〜鉄板から地元民のコアな情報まで〜」

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

ABOUT ME
Ryu
Ryu
地方から夢見て上京してきたアラサーサラリーマン マイルを貯めて格安で旅行したり、投資などによる資産形成を目論んでます。 お得な情報や美味しいご飯の情報が大好きです 脱毛にもハマってます笑